「Club Akasaka-クラブ赤坂-」

あなたの名において

いかに多くの歴史が創られてきたことか

按摩からはじまり

エステが現れ

リンパマッサージが生まれた

そして

メンズエステが花開き

あの殿方が 

この殿方が

身をよせ

自由を求め

癒しを手に入れた

オイルマッサージも

リンパドレナージュも

Club Akasaka-クラブ赤坂-があるからこそ技術を増した


Club Akasaka-クラブ赤坂-なくしてメンズエステは生まれ得ず

革命すら起こり得なかったに違いない


癒しを求めた各地の殿方は

安住の地をClub Akasaka-クラブ赤坂-に求め

あの紳士も

この紳士も

あのナイスガイも

このナイスガイも

皆がClub Akasaka-クラブ赤坂-を選んだ


人々はClub Akasaka-クラブ赤坂-で癒し合い

育みあい

高めあった


彼らが語る言葉のなかに

Club Akasaka-クラブ赤坂-が見える

そこにユトリロの背景を見

ボードレールの霊感を感じ

ベルリオーズの旋律を聴き

シャネルのセンスを体感するだろう


保守的で、頑ななまで現状を変えることを喜ばない

それだけ完成されつくしたClub Akasaka-クラブ赤坂-


しかし、ひとたび何かを創るとなると

途方もなく斬新なことを平気でやってのける


すでに一つ上のランクへと駆け上がり

メンズエステの枠を超えたClub Akasaka-クラブ赤坂-

「プライベートクラブ」

人々は、Club Akasaka-クラブ赤坂-をそう呼ぶ


まつだ
まつだ愛

続きを読む»